新着情報サービス内容スタッフ紹介ブログお問い合わせ

ブログ

節分の準備♪

2018/1/29(月)

お正月が過ぎたら節分 早いですね~

我が家は毎年下の娘が鬼役になって豆をぶつけていたのですが・・

今年は鬼役がいないので見送りかな~なんて思っています(毎年楽しみだったのにな)

そんな日は節分についてちょっと真面目に・・・

「節分」とは・・・季節をわける=変わり目 立春・立夏・立秋・立冬の前日をさします。(1年に4回あります)

その中でも 1年の始まりとして尊ばれ 年があらたまる重要な日が2月4日の立春

その前日が3日が節分になりました「節分」では豆まきをするのが定番ですが地方によっては

柊の枝に刺したイワシの頭を玄関に立てて置く所もあるそうです

(柊のトゲで鬼の目を刺し イワシの悪臭が鬼を追い払うとか・・・)

豆まきには・・・大豆を使いますが 日本には昔から穀物や果実には邪気を払う霊力があるとされて

大豆も穀霊が宿るとされて神事にも用いられています

鬼の目(魔の目 魔目 豆)魔を滅する(魔滅 豆)の語呂合わせもあって豆をぶつけるそう 

(何だか強引な感じが笑えます)が豆にも霊力があるとする考え方を「穀霊信仰」と言うらしいです

(へ~何気に撒いていた豆の扱い方を考えないと・・)

そしてその豆は・・・炒った豆を使います 生豆をまいてしまうとそこから芽が出てしまう為 縁起が悪いから

肝心な豆まきは・・・夜におこないます 鬼は夜にやってくるとされているからです

「鬼は外 福は内」で豆まきをしますが その時に窓や玄関が閉まっていると鬼は出て行ってくれません

窓や玄関などは開けて「鬼は外」そして出て行った鬼が戻らない様に 開けた窓や玄関をすばやく閉めて

「福は内」と部屋の中にまきます

その後は・・・厄除けを祈願しながら自分の年齢よりも1粒多く豆を頂く(数は考えて頂いて下さいね)

なるほど!なるほど!毎年 恵方巻きを楽しみ 鬼役の娘を追っかけて鬼ごっこを楽しんでいたとは・・・

調べてみると節分も地域によって異なる様ですし 昔ながらのしきたりで行っているご家庭もまだ沢山ある様ですね

 

年中行事のひとつとしてある節分ですが 豆まきをしないご家庭も増えているようですが

家族で楽しむイベントとして仲良く豆まきするのもいいですね(我が家はコレです 豆の他にチロルチョコをまいた事も・・・)

皆さんのご家庭での豆まきが気になります・・・

 

↑我が家の玄関に鎮座している「鬼」です

 

いつもありがとうございます

 

■コメント

コメントは投稿されていません。

■コメントを投稿する

名前

タイトル

コメントを入力して下さい。




〒919-0544 福井県坂井市坂井町東中野12-6-21
Tel / Fax : 0776-72-3201 E-mail :
copyright 2018 Kotohari Co., Ltd. all rights reserved.
powered by cheltenham software